達成したことを記録するアプリ「どやログ」 を作ってみた

 こんにちは!へびぺんです。前回の記事でご紹介した「どやログ」が、ついに完成いたしました!

 そこで、本アプリを是非皆様に使っていただきたく、今回は「どやログ」の利用方法を簡単にご案内する記事を書きました。

どやログとは?

 どやログとは自分が出来たことを毎日記録することによって、自己効力感を高めることを目的としたアプリです。

 アプリの主機能は、LINE上から「できたこと」を投稿すると、google スプレッドシートにその投稿を自動に書き込んでいってくれるというものです。

 アプリの詳細についてはどやログ(仮) 開発記録、自己効力感については自己効力感を高めようをご覧ください。

(2019/2/10 追記)分かりにくい仕様についての補足

 LINEで友達登録したのに、通知が来ないという方がいらっしゃるかもしれません。

 「どやログ」は、何かしらのメッセージを送らないとユーザー登録されない仕様となっています。 そのため、LINE上で友達登録しただけだと通知機能をご利用いただけません。

 ですので、通知機能を利用されたい場合は、お手数ですが何かしらメッセージを送ってユーザー登録いただきますようお願いします。

 分かりにくい仕様にしてしまい、申し訳ありません…

どやログの使い方(基本編)

友達になる

 まず、LINE友達登録から、「どやログ」と友達になってみてください。
(以下のQRコードからでも大丈夫です)

記録する

 友達になったら、早速「できたこと」を入力してみましょう。



 「できたこと」というと、思わず身構えてしまうかも知れませんが、ちょっとしたことでも気軽にどんどん記録していきましょう!

確認する

 先ほどLINEから送信した内容は、スプレッドシートに書き込まれています。早速中身を確認してみましょう!

 どやログに「シート」というメッセージを送ります。

 シートを確認してみると

 ちゃんと書き込まれていますね!

通知の切り替え

 どやログには毎日22:00に達成したことを入力するよう促す機能があります。

 しかし、人によっては通知は不要かもしれません。 そこで、もし通知を切りたいなと思った場合、「通知オフ」と入力してください。毎日の通知が無効になります。

 また、一度通知を切ってから、やっぱり通知を復活させたいと思った場合は、「通知オン」と入力してください。 通知が有効になります。

どやログの使い方(応用編)

人と共有する

 どやログが作成するスプレッドシートは、urlが分かれば誰でもアクセスできる仕様となっています。

 そのため、「できたこと」を友達やチーム間で共有することができます。

スペシャルサンクス

 本アプリのリリースに至るまで、今回もテストユーザーの方々に多大なご協力いただきました。
いつもありがとうございます。

 そして、このアプリを使ってくださる皆様、誠にありがとうございます。 まだまだ至らない点も多くあると思いますが、良いアプリを作っていけるよう引き続き努力してまいります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です